多様性(ダイバーシティ)推進に力を入れていきたいがどのように推進していくのか

A

様々な価値観を持つ方が職場に多くなってきました。

 

働き方も多種多様になっています。

 

制度を整えてもなかなか推進できないという悩みも耳にします。

多くは暗黙のルールが推進を阻んでいることが多いものです。

 

まずは無意識の偏見を意識することから始め、何を変えていかなければ働きやすくならないのかを気づいていくことが大切です。

無意識ということは気づいていないので変えることができないのです。

 

キャリアバランスのセミナーでは、" ワークを通じ意識化する " ことに取り組んでいきます。

 

10年近く前からこの多様性推進をしてきている企業を数多く支援していますが、ほとんどの企業が潜在的に労働力の比率が高い女性活躍推進から取り組み、男女問わず問題になっている介護をする方々との関わり方、グローバルに目を向けた取り組み、高齢者、障害持つ方の関わり方などにフェーズは移って行っています。

 

マイノリティーな方々への支援に力を注ぐ企業も出てきました。

先駆者の推進企業の取り組み内容を多数支援してきたキャリアバランスにぜひご相談ください。

 

貴社オリジナルの多様性推進を一緒に考えて参ります。